メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

露介入疑惑 忠誠要求「ない」 トランプ氏側が反論

 【ワシントン清水憲司、高本耕太】コミー前FBI長官の議会証言を受け、トランプ米大統領の代理人を務めるカソウィッツ弁護士は8日、ワシントン市内で「大統領がコミー氏に捜査中止を指示、提案したことはない」と反論する声明を読み上げ、「忠誠」を要求した事実も「決してない」と強調した。

 トランプ氏本人はこの日、ワシントン市内でキリスト教右派の集会で演説し、「ワシントンの凝り固まった利…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです