メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
よく行く山梨県の温泉で「露天風呂につかって富士山を見ながら、頭の中で理想の音楽を鳴らしているのが一番幸せな時間かな」=東京都新宿区で、内藤絵美撮影

2度の引退宣言、尽きぬ熱い思い

 「昔は路面電車が通っていたんだよね。この路地の奥には和菓子店があって、そこの息子と同級生で……」。東京・青山で生まれ、少年時代を過ごした。待ち合わせ場所の喫茶店から青山通りを通って神宮外苑まで。歩く道すがら、次から次へと思い出話が止まらない。

 世界的なオーボエ奏者として知られるが、2007年に「惜しんでもらえるうちに」と演奏活動に終止符を打った。指揮者に転じるきっかけは、その前年の夏のこと。小澤征爾さんからのリクエストだった。

 「小澤さん率いるサイトウ・キネン・オーケストラで、僕がオーボエのコンチェルト(協奏曲)を演奏する機…

この記事は有料記事です。

残り1575文字(全文1856文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです