メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

アカデミー賞外国語映画賞「セールスマン」 同じ葛藤、イランに親しみ

 現代のテヘランを舞台に、ある夫婦に起こる出来事をスリリングに描いた「セールスマン」が17日からシネ・リーブル梅田ほかで公開される。今年、アカデミー賞外国語映画賞を受賞したことでも話題となった。日本人にとってなじみ深いとは言い難いイランだが、映画ではその日常を垣間見ることができる。イラン現代文学が専門でイラン社会に詳しい大阪大の藤元優子教授に見どころを聞いた。【花澤茂人】

 イラン屈指の名匠アスガー・ファルハディ監督の同賞受賞は「別離」(2011年)に続き2度目。イラン国…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1012文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  3. WEB CARTOP 夏の家庭用エアコンの適正温度は28℃! クルマにも適正温度はあるのか?
  4. 西日本豪雨 元消防士の教授「外に出るな」 学生けがなし
  5. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]