メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 根津美術館(東京都港区) /東京

日本庭園を背景に所蔵作品が並ぶ根津美術館のホール。戸を開け放した日本家屋のようだ=東京都港区で

世俗から離れる和の空間

 流行の最先端の店舗が並ぶ東京・南青山の緩やかな下り坂の先に、和風家屋を思わせる大屋根が印象的な「根津美術館」がある。

 

 

 東武鉄道社長などを務めた実業家、根津嘉一郎(初代、1860~1940年)の遺志により、日本・東洋の古美術品コレクションを展示・保存するため、私邸跡に1941年開館。戦災で展示室などは焼失したものの、所蔵作品は疎開で無事だった。現在は寄贈作品なども加わり、江戸時代の絵師、尾形光琳の「燕子花図(かきつばたず)屏風(びょうぶ)」など国宝7点を含む約7400点に上る。

 趣の異なる展示室6室を備えた本館は、日本らしさを世界に発信しようと、建築家の隈研吾氏の設計で200…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです