メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
MAINICHI芸術食堂

映画「花戦さ」 伝統文化の力、再認識 /愛知

 地位や肩書ではなく、人としての魅力(人間味)にこそ人はひき付けられると強く感じた。もちろん、人間味がにじみ出る“技”も見事。その気品や迫力に圧倒される。映画「花戦さ」は、安土桃山時代に実在した花僧、初代・池坊専好が、親しい町衆や気心の知れた茶人・千利休を死に追いやった天下人・豊臣秀吉に花で戦いを挑む痛快時代劇エンターテインメントだ。

 初代・池坊専好は、1594(文禄3)年に前田利家邸で巨大な松を生け、秀吉から称賛されたという記録が…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文949文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです