メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

トランプ氏に疑念 「FBI守るため記録」 前長官、公聴会証言

 ロシアによる米大統領選への介入とトランプ陣営との癒着に関する「ロシアゲート」疑惑で、米連邦捜査局(FBI)による捜査の一部中止をトランプ大統領に求められたとコミー前FBI長官が初証言した。トランプ氏の言動は弾劾による罷免の根拠になりうる「司法妨害」だとの批判は根強い。だが弾劾の壁は高く、野党・民主党も決め手を欠いている。【ワシントン高本耕太、福岡静哉】

 コミー氏は、ロシアゲート疑惑を調査する上院情報特別委員会が8日開催した公聴会で、準備書面も含めてトランプ大統領とのやりとりを証言した。

この記事は有料記事です。

残り2004文字(全文2250文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです