メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

札幌市「パートナーシップ制度」=日下部元美(北海道報道部)

記者会見で札幌市の「パートナーシップ宣誓制度」開始について喜びを語る「ドメスティック・パートナー札幌」の呼びかけ人ら=札幌市中央区で1日、日下部元美撮影

広がれ「公民権運動」

 札幌市が6月1日、LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして公的に証明する「パートナーシップ宣誓制度」を導入した。全国の自治体で6例目だが、当事者と賛同者計100人以上が直接行政に働きかけて実現に結びついたケースは初めて。2年前からこのテーマを取材し、画期的な動きだと感じている。ただ、性的少数者を取り巻く環境を変えていくのは容易ではない。制度が全国に広がると共に、理念が社会に浸透することを願う。

 札幌市の要綱で定められた制度は、いずれかまたは双方が性的少数者であるカップルが「宣誓書」にサインし…

この記事は有料記事です。

残り1757文字(全文2021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 夢は人工臓器開発 ベルギーの9歳、オランダ名門大卒業へ

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです