メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

札幌市「パートナーシップ制度」=日下部元美(北海道報道部)

記者会見で札幌市の「パートナーシップ宣誓制度」開始について喜びを語る「ドメスティック・パートナー札幌」の呼びかけ人ら=札幌市中央区で1日、日下部元美撮影

広がれ「公民権運動」

 札幌市が6月1日、LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして公的に証明する「パートナーシップ宣誓制度」を導入した。全国の自治体で6例目だが、当事者と賛同者計100人以上が直接行政に働きかけて実現に結びついたケースは初めて。2年前からこのテーマを取材し、画期的な動きだと感じている。ただ、性的少数者を取り巻く環境を変えていくのは容易ではない。制度が全国に広がると共に、理念が社会に浸透することを願う。

 札幌市の要綱で定められた制度は、いずれかまたは双方が性的少数者であるカップルが「宣誓書」にサインし…

この記事は有料記事です。

残り1757文字(全文2021文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 村田、進退明らかにせず 敗戦後、睡眠30分
  2. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 台湾 特急「普悠瑪」号が脱線 18人死亡、168人負傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです