メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

下院選、投票始まる 与党、議席上積み焦点 労働党猛追

 【ロンドン三沢耕平、八田浩輔】英下院(定数650)の選挙は8日、投票が始まった。メイ首相率いる保守党が欧州連合(EU)との離脱交渉に向けてどこまで議席を伸ばせるかが焦点だ。選挙戦終盤にテロ事件が相次ぐ中、最大野党の労働党が激しく追い上げており、有権者の選択が注目される。

 メイ氏は自らの政権基盤を盤石にしたうえで離脱交渉に臨もうと、5月3日に議会を解散。労働党との差は当初20ポイント以上あったが、現在は1ケタ台だ。保守党がリードを保っているものの、獲得議席が過半数に届かないハングパーラメント(宙づり議会)になるとの予測もある。

 EU離脱を巡っては、保守党が単一市場からの撤退や移民規制強化を主張する一方、労働党は単一市場残留を…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文756文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです