メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

中田毅志さん=難病でも自由な心で写真を撮る

中田毅志(なかた・たけし)さん(48)

 生まれつき進行性の難病「脊髄(せきずい)性筋萎縮症」で、手足はほとんど動かせないが、アートや写真を生み出す心は自由そのものだ。

 「生やこの世の面白さを撮っています」。カメラは15年ほど前から始めた。「心に引っかかったもの」を見つけたら、口にくわえたスティックで電動車椅子に取り付けたカメラを操作し、シャッターを切る。

 乗り捨てられた自転車や、さび付いたものなど「朽ち果てていくもの」に魅力を感じる。「死に向かっている…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文649文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです