メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「共謀罪」私はこう思う

元北海道警釧路方面本部長・原田宏二氏

 ◆反対

監視社会、さらに加速 元北海道警釧路方面本部長・原田宏二氏(79)

 「監視社会がやってくる」として「共謀罪」法案を批判するのは、誤解があるのではないか。警察による市民監視の仕組みは、もう構築が進んでいる。

 警察は、治安維持のためには多少のむちゃは許されると考えがちだ。防犯カメラの設置やDNA型のデータベース化など、法的な根拠がはっきりしない個人情報の収集を、次々と捜査に取り入れてきた。全地球測位システム(GPS)捜査のように、最高裁判決で違法とでもされなければ、自らやめることはない。「共謀罪」も警察の新たな「武器」となるだろう。内容があいまいで、警察の…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]