連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

理解進まぬ組み換え表示

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
遺伝子組み換え表示の第1回検討会であいさつする松本純・消費者担当相(中央)
遺伝子組み換え表示の第1回検討会であいさつする松本純・消費者担当相(中央)

 遺伝子組み換え(GM)食品の表示義務の拡大について、消費者庁で議論が始まっている。4月の第1回検討会で示された消費者意識調査では、現在の表示制度への理解が進んでいない実態が浮かんだ。検討会では、個々の対象品目の見直しにとどまらず、GM食品に関する情報提供のあり方について、抜本的な議論が求められている。

この記事は有料記事です。

残り2168文字(全文2320文字)

あわせて読みたい

注目の特集