メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま、防災は

巨大地震に備える/3 地盤情報も加味、被害予想 全国を網羅、初動に生かす

熊本地震で倒壊した家屋(手前)。奥の隣接住宅は残った=熊本県益城町で2016年4月17日、深津誠撮影

 大地震の発生時に重要な初動。初期の被害予想は、全国に点在する観測点の震度に頼ってきたが、全国を面的に網羅したきめ細かい地盤情報を加えて分析する技術開発が進んでいる。防災科学技術研究所(茨城県つくば市)が2年前から本腰を入れている「リアルタイム被害推定システム」だ。藤原広行レジリエント防災・減災研究推進センター長は「いずれは地震発生後10分程度で、自動的に被害を推定できるようになり、ウェブサイトで公表する予定だ」という。

 地盤の強弱は局所的な揺れの大きさに直接影響する。2016年4月、熊本地震に見舞われた熊本県益城(ま…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 高橋留美子さん欧州最大規模の漫画祭でグランプリに 「極めて進歩主義的」
  3. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  4. 「劇的ビフォーアフター」工事会社と朝日放送などが和解 2700万円追加費用発生で訴訟
  5. ソウル中央地検、前最高裁長官を逮捕 元徴用工訴訟に絡む職権乱用などの容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです