メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千種ゆり子・お天気みちくさ

気象予報士で雨女を卒業?

雨に打たれるハナショウブ

 雨の季節到来です。先月の沖縄や奄美地方を皮切りに、今週は関東甲信地方でも梅雨入りしました。雨が降りやすい季節なんだと頭ではわかっていても、大切な予定の日に雨だと、日々の行いが悪かったのかなとか雨女がいるに違いないとか、どこかに理由を求めたくなってしまいます。

 私が先日実施したアンケートでは、実に5人に1人が自分を雨男や雨女だと思っています。雨男、雨女は科学的には実証は難しいですが、認知心理学的には説明ができます。人間は自分が思い出しやすい、克明に記憶されている事象ほど高確率で起きると予測する傾向があるのです。

 ちなみに気象予報士に同じ質問をしたところ、自分を雨人間だと思っていた割合は同じく5人に1人。しかし…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです