プロ野球

セ・パ交流戦 西武13-2巨人 G投壊、ついに13連敗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【西武-巨人】六回裏、厳しい表情でグラウンドを見つめる巨人の高橋監督(右)=宮武祐希撮影
【西武-巨人】六回裏、厳しい表情でグラウンドを見つめる巨人の高橋監督(右)=宮武祐希撮影

 (3)メットライフドーム(西武3勝)

巨人 000002000=2

西武 10623100×=13

 <勝>十亀 3勝2敗 登板7

 <敗>池田 2敗   登板21

 西武が引き分けを挟み6連勝で、2季ぶりの貯金10とした。一回、栗山の適時打で先制し、三回は外崎の満塁本塁打などで6点。その後も一発攻勢を見せた。十亀は3勝目。巨人は投手陣が崩れ13連敗。2011年7月以来の借金10となった。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文702文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集