特集

GetNavi

アイテム情報サイト「GetNavi web」の提供記事を掲載します。デジタル製品や生活家電、ガジェットだけでなく、カルチャーやグルメなど、「いま知っておきたい」情報がたっぷりです。

特集一覧

家電

ダイソン? いや、フーバーだ! 「掃除機をかける」の語源となったメーカーが日本向けに2万円のコードレスを開発(GetNavi web)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

情報提供:GetNavi web

輸入代理店のヒルトップは、米国の掃除機メーカー「フーバー」のコードレス型掃除機「スリムバキューム」をオンラインストア限定で販売を開始しました。価格は1万9800円です。

 

米国随一の歴史を持つメーカーが日本人のために軽量コンパクトモデルを新開発

【SPEC】●サイズ/質量:約W230×H113×D225㎜/約2.1kg●連続運転時間:約24分●集じん容量:約0.4L●充電時間:約5.5時間●付属品: すきまノズル、ふとん用ノズル、ブラシノズル、壁付けブラケット、保管バッグ【SPEC】●サイズ/質量:約W230×H113×D225㎜/約2.1kg●連続運転時間:約24分●集じん容量:約0.4L●充電時間:約5.5時間●付属品: すきまノズル、ふとん用ノズル、ブラシノズル、壁付けブラケット、保管バッグ

 

フーバーは1908年に米国で創業して以来、電気掃除機の開発・販売において業界随一の歴史があり、hooverという名称は英語圏において「電気掃除機をかける」と同義語になるほど、世界中で親しまれている家電メーカーです。

 

かつてヒルトップが販売してきたフーバーの掃除機は4~6万円の価格帯で重厚感のあるサイズの製品が中心でした。しかし、より日本の家庭で求められる軽量コンパクト・低価格・高機能のコードレス・スティック型掃除機のニーズに応えるため、ヒルトップはフーバーと製品を企画。今回、ついに発売に至りました。それがこの「スリムバキューム」です。

 

本体は約2.1kgの軽量ボディで、スティックとハンディの1台2役。電源ロックボタンを装備しており、指の力を入れっぱなしにせずにラクラク掃除ができ、回転ブラシでカーペットに詰まったごみもかき出せます。

↑電源ロックボタンを装備↑電源ロックボタンを装備

 

↑ごみ捨てもワンタッチでできます↑ごみ捨てもワンタッチでできます

 

連続運転時間は約24分と、一回の掃除で家中の掃除が可能。付属品として、すきまノズル・ふとん用ノズル・ブラシノズルが含まれており、狭い場所や高所、壁際やふとん、車内など、日常のあらゆる場所を掃除できます。フィルターは水洗いできるため、ごみパックなどの消耗品代もかからず経済的です。

 

その本当の実力はまだ未知数ですが、コードレスで2万円を切る価格はうれしい限り。米国と同様、日本人にも広く親しまれるようになるのか、今後の動向に注目です。

↑アタッチメントを使えば高所の掃除も可能↑アタッチメントを使えば高所の掃除も可能

 

【関連記事】
「一汁三菜」の同時調理もできる! 高火力で人気の「石窯ドーム」に時短強化モデルが登場
乾麺パスタと食材を、同じ皿でチンすればOK…ってホント? 料理の概念が変わる「時短レンジ」2選
東芝から「1年後の白さが違う」洗濯機が登場! 業界初の“ウルトラファインバブル洗浄”って何だ?
洗濯槽に穴がないと、こんなに便利! 独自の「穴なし槽」に「シワ抑えコース」を加えたシャープのタテ型洗濯乾燥機
【コードレス掃除機比較】ダイソンは「ブラシじゃない」のがミソ! 各機の個性が一気にわかる「独自機能」「汎用性」徹底チェック

情報提供:GetNavi web

あわせて読みたい

注目の特集