メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動物型ロボットかかし

里山巡回しクマ威嚇

「動物型ロボットかかし」の開発に取り組む秋田県立大の斎藤敬准教授。手前が「しろやぎ」=県立大由利本荘キャンパスで2017年6月2日、山本康介撮影

 クマによる人的被害が県内で相次ぐなか、秋田県立大システム科学技術学部の斎藤敬(たかし)准教授(47)=医療工学=が里山などを自動巡回し、クマなどの鳥獣を威嚇して寄せ付けない「動物型ロボットかかし」の開発に取り組んでいる。「これまで培った技術で人の命を助けたい」と、今年度内の実用化を目指している。【山本康介】

 「ガシャ、ガシャ、ガシャッ」。大きな機械音をたてながら、8本の足が前後に素早く移動する。さらに上部…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文876文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです