メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加計学園

「総理の意向」文書再調査へ 世論受け一転

松野博一文科相=森田剛史撮影

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、内閣府が文部科学省に早期開学を促したとされる文書について、松野博一文科相は9日、文書が存在するか再調査することを明らかにした。これまで野党が求める再調査を「文書は出所不明」として拒んできたが、松野氏は閣議後の記者会見で「追加調査すべきだという国民の声を総合的に判断した」と述べた。

 調査方法は今後検討し、結果がまとまり次第速やかに公表するとしている。松野氏は「違法性が指摘されていない」として第三者ではなく、文科省内で調査する考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 絶滅していなかった? ニホンカモシカ、愛媛で50年ぶり確認

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです