消費者白書

お試しが定期購入に トラブル4年で20倍

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は9日、2016年度の消費者白書を閣議決定し公表した。1回だけの「お試し」のつもりで健康食品や化粧品を注文したら、定期購入の契約になっていたというトラブルの相談が昨年、全国の消費生活センターに1万3129件寄せられ、4年間で約20倍に急増した。

 消費者庁によると、12年に658件だった相談は毎年増加。3906件だった15年と比べても16年は3倍…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

あわせて読みたい

注目の特集