メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡り鳥

アオバズク子育て準備 福岡に夏の訪れ告げる

 フクロウの一種で東南アジアからの渡り鳥の「アオバズク」が1羽、福岡県豊前市の角田八幡神社に姿を見せ、夏の訪れを告げている。体長約30センチ。高さ約20メートルのスギの木の枝で周囲を警戒。雄とみられる。夏、子育てをするために日本へ渡る。

 日本野鳥の会筑豊支部のメンバーで、周囲の定点観測を続ける下田信…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに318人感染 300人超は2日ぶり 新型コロナ

  2. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  3. NTT東日本が2点追加 火ノ浦が犠牲フライ 四国銀をリード 都市対抗

  4. 首相、医師会長に「全力でやる」 官邸で面会 医療体制逼迫など訴え

  5. 労働審判口外禁止は「違法」 長崎地裁が初判断「原告に過大負担」 全国に影響も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです