メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビール

小売価格が上昇 酒税法改正で安売り規制強化

ビール価格の推移

販売店、困惑と期待

 改正酒税法などで6月1日から酒の過度な安売りの規制が強化され、スーパーなど小売店でのビールの販売価格が上がっている。値上げした店では1割前後上がり、5月末までには「少しでも安いうちに」という消費者の駆け込み需要もみられた。メーカー各社にとっては苦戦が続くビール販売にさらなる逆風となりかねず、需要の底上げ策などが問われそうだ。

 「日ごろビールもよく飲むので、やっぱり値上げはしてほしくないね」。8日、東京都内の酒店で発泡酒を買った70代の主婦は寂しそうな表情を見せた。なじみの店では目立った値上げはなかったが、「別のディスカウント店では相当値上がりしていた」と嘆く。

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです