八景島

ペンギン82羽よろしく 新潟から横浜に引っ越し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

上越市立水族博物館で改修工事で八景島シーパラダイスに

 横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)で8日、ペンギンの引っ越しがあり、見守った観光客が歓声を上げた。運営会社の「横浜八景島」が指定管理者となっている新潟県の上越市立水族博物館で改修工事が始まるのに合わせ、マゼランペンギン82羽を受け入れた。来年春の再オープンまでシーパラダイスで暮らすという。

 ペンギンは上越市を午前8時半ごろに出発。4トントラックで運ばれ、約6時間かけて到着した。飼育員が荷台を開けてペンギンが入ったケージを手際よく積み下ろした。ペンギンたちは4メートルほどのスロープをてくてくと行進し、新居まで向かうと、ためらうことなく池に飛び込み長旅の疲れを癒やしていた。

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文453文字)

あわせて読みたい

注目の特集