メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八景島

ペンギン82羽よろしく 新潟から横浜に引っ越し

上越市立水族博物館で改修工事で八景島シーパラダイスに

 横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)で8日、ペンギンの引っ越しがあり、見守った観光客が歓声を上げた。運営会社の「横浜八景島」が指定管理者となっている新潟県の上越市立水族博物館で改修工事が始まるのに合わせ、マゼランペンギン82羽を受け入れた。来年春の再オープンまでシーパラダイスで暮らすという。

 ペンギンは上越市を午前8時半ごろに出発。4トントラックで運ばれ、約6時間かけて到着した。飼育員が荷台を開けてペンギンが入ったケージを手際よく積み下ろした。ペンギンたちは4メートルほどのスロープをてくてくと行進し、新居まで向かうと、ためらうことなく池に飛び込み長旅の疲れを癒やしていた。

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです