メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪高裁

密輸した金塊の没収取り消し

 金塊と腕時計(計約10億7000万円相当)を密輸入したとして関税法違反罪などに問われた男性被告2人の控訴審判決で、大阪高裁は8日、1審判決を一部破棄し、金塊と腕時計の没収を取り消した。金塊などの所有権を主張する香港の貿易商が公判に参加し、控訴していた。福崎伸一郎裁判長は「金塊などが貿易商の物ではないと認定するには合理的な疑いがある」と述べた。

 判決によると、両被告は、2015年2月、金塊130キロと腕時計586個を化粧品と偽り、香港から関西国際空港に密輸入した。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  2. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

  3. 東京都内で新型コロナ感染者95人以上確認 1日あたり最多

  4. 「爆発的拡大回避しても瀬戸際続く」 首相の「長期戦覚悟」発言説明 菅官房長官会見詳報

  5. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです