プロ野球

巨人、投壊 ついに13連敗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【西武-巨人】六回裏、厳しい表情でグラウンドを見つめる巨人の高橋監督(右)=メットライフドームで2017年6月8日、宮武祐希撮影
【西武-巨人】六回裏、厳しい表情でグラウンドを見つめる巨人の高橋監督(右)=メットライフドームで2017年6月8日、宮武祐希撮影

 ○西武13-2巨人●(8日・メットライフ)

 じわじわと重圧をかけてくる西武打線を前に、巨人の池田は明らかに冷静さを失っていた。気づけば三回途中7失点。プロ2度目の先発となったルーキーに、連敗ストップの大役は荷が重すぎた。

 三回1死一、二塁で迎えた浅村への2球目。二塁走者の源田を目でけん制し、打者に向き直った瞬間、源田にスタートを切られた。「準備不足。もっとやれることはあった」と池田。4番を抑えることに懸命な心を見透かされ、重盗を決めら…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集