メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

飯舘村飯野支所閉所へ 今年度末、本庁舎復帰で 避難者は出張対応 /福島

 福島第1原発事故の避難指示が3月末に村域の大半で解除された飯舘村が一時、役場機能の全てを避難させた福島市飯野町の「村役場飯野支所」を今年度末に閉めることが分かった。帰還者は事故前の住民の1割に満たず、村外避難している人に対応するために一部業務を支所に残していた。村は閉所の理由について、人手不足や施設の確保が難しくなったと説明している。

 飯舘村は、2011年3月の原発事故で全域避難を余儀なくされ、同年6月に村役場を福島市役所飯野支所の一角に避難させた。16年7月、避難指示解除を見据え、役場機能の大半を村内の本庁舎に本格復帰させている。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 東京アラート、2指標で発動目安を上回る 残るは「1日20人未満」 要警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです