税滞納不動産

完納後放置、最長で8年 近江八幡市、再発防止を説明 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で陳謝する滋賀県近江八幡市の益田総務部長(右から2人目)ら=同市役所で、金子裕次郎撮影
記者会見で陳謝する滋賀県近江八幡市の益田総務部長(右から2人目)ら=同市役所で、金子裕次郎撮影

 近江八幡市が税金の滞納などで差し押さえた不動産のうち17件について完納後も解除を怠っていた問題で、解除されず放置された期間が最長で8年近くに及んでいたことが分かった。市が9日、記者会見を開いて発表した。

 この1件は土地と家屋で2009年7月に完納されていた。市が8日に毎日新聞の取材を受けて調査し判明したという。市はこれも含めて全ての解除の手続きを…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

あわせて読みたい

注目の特集