メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

教育改革・現場からの報告 関西道徳教育研究会セミナー 道徳教科化、悩む評価方法 /大阪

変化記述し成長を記録

 小学校で2018年度から、中学校では19年度から正式教科になる道徳。評価方法について「数値によらず、記述式にする」「道徳的価値の理解を自分自身との関わりの中で深めているか」などの評価の指針が文部科学省の専門家会議によって示されたが、「元々評価にそぐわない」との声が強かっただけに、現場教師の苦悩は続く。5月21日に大阪市内であった民間団体主催の研究セミナーをのぞいた。【北村弘一】

 セミナーは関西地域の道徳科研究教師らでつくる関西道徳教育研究会(丸岡慎弥代表)が主催。「道徳授業名…

この記事は有料記事です。

残り1608文字(全文1859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 新型肺炎、緊急事態か協議 WHO委員会始まる

  4. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです