メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菜種油採取体験

木製農具「唐箕」って? 王寺北小4年生 /奈良

児童に息を吹きかけさせ、唐箕の仕組みを教える棚田一治さん(左端)=奈良県王寺町で、熊谷仁志撮影

 王寺町舟戸3の町立王寺北小(吉藤行二校長)の4年生32人が、町内の大和河川敷に植えられていた菜の花を使い、菜種油を採取する体験をした。

 講師は、町植栽アドバイザーで園芸研究家の棚田一治さん(69)=御所市。児童は約10日前に刈り取って乾燥させた菜の花を踏んだり、たたいたりした後、風を送って選別する…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです