メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収
クローズアップ2017

特例法成立 象徴二重化どう回避 上皇の活動定まらず

 9日成立した天皇陛下の退位を実現する特例法は、退位後の陛下の立場を「上皇」と定める。陛下の活動は、上皇になるとどうなるのか。新天皇との間で「象徴の二重化」を招かない活動のあり方が、今後の検討課題だ。安定的な皇位の継承についても女性宮家などのテーマで賛否が分かれ、解決は容易でない。

 「象徴や権威の二重性の問題は、上皇の活動によるところが大きい。活動はどうなるのか」。7日、特例法を審議した参院の特別委員会で民進党の長浜博行氏が質問した。

 菅義偉官房長官は「宮内庁で十分に検討を行い、個別にご相談しながら決めていく」と答弁した。一方、山本信一郎宮内庁長官は8日の定例記者会見で上皇の活動について質問を受け、「今の時点では予断を持って申し上げられない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り1784文字(全文2114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです