メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

特例法成立 象徴二重化どう回避 上皇の活動定まらず

 9日成立した天皇陛下の退位を実現する特例法は、退位後の陛下の立場を「上皇」と定める。陛下の活動は、上皇になるとどうなるのか。新天皇との間で「象徴の二重化」を招かない活動のあり方が、今後の検討課題だ。安定的な皇位の継承についても女性宮家などのテーマで賛否が分かれ、解決は容易でない。

 「象徴や権威の二重性の問題は、上皇の活動によるところが大きい。活動はどうなるのか」。7日、特例法を審議した参院の特別委員会で民進党の長浜博行氏が質問した。

 菅義偉官房長官は「宮内庁で十分に検討を行い、個別にご相談しながら決めていく」と答弁した。一方、山本…

この記事は有料記事です。

残り1845文字(全文2114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです