連載

クローズアップ2017

毎日新聞デジタルの「クローズアップ2017」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

クローズアップ2017

特例法成立 象徴二重化どう回避 上皇の活動定まらず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 9日成立した天皇陛下の退位を実現する特例法は、退位後の陛下の立場を「上皇」と定める。陛下の活動は、上皇になるとどうなるのか。新天皇との間で「象徴の二重化」を招かない活動のあり方が、今後の検討課題だ。安定的な皇位の継承についても女性宮家などのテーマで賛否が分かれ、解決は容易でない。

 「象徴や権威の二重性の問題は、上皇の活動によるところが大きい。活動はどうなるのか」。7日、特例法を審議した参院の特別委員会で民進党の長浜博行氏が質問した。

 菅義偉官房長官は「宮内庁で十分に検討を行い、個別にご相談しながら決めていく」と答弁した。一方、山本信一郎宮内庁長官は8日の定例記者会見で上皇の活動について質問を受け、「今の時点では予断を持って申し上げられない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り1784文字(全文2114文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集