メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

露介入疑惑 「捜査中止、トランプ氏指示」コミー前FBI長官、公聴会証言 解明長期化も

 【ワシントン高本耕太、福岡静哉】ロシアによる米大統領選介入とトランプ大統領周辺との癒着疑惑「ロシアゲート」を巡り、連邦捜査局(FBI)のコミー前長官は8日の上院情報特別委員会の公聴会で証言した。「ロシア疑惑の捜査を理由に解任された」など、トランプ氏の「圧力」を生々しく証言したコミー氏だが、司法妨害を決定的に裏付けるには至らず、真相解明は長期化するとの見方も広がっている。

 コミー氏は5月9日、FBIを混乱に陥らせたとして解任されたが、この日の証言では政権側の説明を「単純で明白なうそ」と批判。「(トランプ氏は)捜査により自身に対する圧力が生じたと感じたのではないか」と対決姿勢を鮮明にした。

この記事は有料記事です。

残り1411文字(全文1708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです