連載

ミニ論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

ミニ論点

米大統領選 露介入疑惑

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米連邦捜査局(FBI)のコミー前長官の証言がトランプ政権に与える影響や捜査の見通しを識者3人に聞いた。

忠誠要求、憂慮すべきだ カリフォルニア大アーバイン校法学部長(憲法) アーウィン・ケメリンスキー氏

 コミー氏の公聴会証言は、トランプ大統領が司法妨害に関与したとの深刻な懸念を生んだ。コミー氏はトランプ氏からフリン前大統領補佐官の捜査中止を求められたことを「指示」と受け止めた。

 トランプ氏は一対一の場で捜査中止を望んだ。大統領の意図は明らかで、この言動を見ても、確実に司法妨害だと言える。コミー氏の解任自体も捜査をやめさせる意図があったとみられる。捜査中止が狙いなら解任は司法妨害に当たる。

この記事は有料記事です。

残り1622文字(全文1919文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集