メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

歴史中に生きる人間を 劇作家・俳優 古川健(38)

=東京都千代田区で、内藤絵美撮影

 歴史や社会的事象を通し、人間を鋭く見つめる劇作家、古川健さん。所属する劇団チョコレートケーキ(日澤雄介さん主宰)のみならず他団体にも書き下ろし、今もっとも注目されている気鋭の一人である。7~8月には青年座でSS(ナチス親衛隊)メンバーを戦中・戦後を通して描く「旗を高く掲げよ」(黒岩亮さん演出)が上演される。「歴史の説明ではなく、歴史の中で生きている人間、歴史を背負っている人を描きたい。その人の思いや、意志の力を舞台の上に表出できたらと、いつも思っています」と語る。

 高校から演劇を始め、駒沢大学OBを中心に旗揚げされた劇団に俳優として参加。劇団の作・演出家が辞め、2009年から劇作を手がけるようになった。

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1052文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです