メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

常設展示の可能性=住友文彦

 美術館に行くと企画展示は行列ができているのに常設展示は人もまばらなのは、メディアの宣伝に振り回される人たちが多いからなのか、見せる工夫が足りないからなのか。日本の美術館に体系立てた歴史を見せるための大きな常設展示室がないのも理由の一つではないか。国立の美術館でも、洋の東西を問わず表現の変遷とそれを支える感性がどのように現れ消えてきたかを学べる長大な歴史の展示は見られない。むしろ、常設展示は蔵出しのようにお宝を見せているような印象が強い。日本の古美術は保存上の問題で長期の展示に耐えられないものが多いのも一因である。

 名品や巨匠の作品を目利きのように紹介する展示は、思いのほか深く浸透している。これは美術史の嚆矢(こうし)と言われる16世紀イタリアのジョルジョ・ヴァザーリ由来の方法である。しかし、価値の序列を強化するのではなく、異なる見方を承認するための批評理論や作者だけでなく鑑賞者の関与を重視する心理学などの興隆によって、歴史の書かれ方は近年大きく変化している。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文1077文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです