メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

常設展示の可能性=住友文彦

 美術館に行くと企画展示は行列ができているのに常設展示は人もまばらなのは、メディアの宣伝に振り回される人たちが多いからなのか、見せる工夫が足りないからなのか。日本の美術館に体系立てた歴史を見せるための大きな常設展示室がないのも理由の一つではないか。国立の美術館でも、洋の東西を問わず表現の変遷とそれを支える感性がどのように現れ消えてきたかを学べる長大な歴史の展示は見られない。むしろ、常設展示は蔵出しのようにお宝を見せているような印象が強い。日本の古美術は保存上の問題で長期の展示に耐えられないものが多いのも一因である。

 名品や巨匠の作品を目利きのように紹介する展示は、思いのほか深く浸透している。これは美術史の嚆矢(こ…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1077文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです