メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鵜匠

「退位後も鵜飼いに来ていただきたい」と感慨

足立陽一郎さん=岐阜県関市小瀬で、立松勝撮影

 「天皇陛下にはお体を大切にされ、退位されてからも鵜飼(うかい)に来ていただきたい」。岐阜県関市小瀬を流れる長良川で繰り広げられる「小瀬鵜飼」の鵜匠で、室町時代から続く鵜匠家の18代目・足立陽一郎さん(42)=関市=は9日に退位特例法が成立したことを受け、感慨深げに話した。

 長良川鵜飼は1300年以上の歴史を持つとされる。鵜を操ってアユを捕獲する鵜匠と皇室の歴史も古く、奈良時代には鵜匠が宮廷直属の官吏として漁をしていた記録もある。足立さんは宮内庁…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  2. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 大阪で新たに383人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. 京大の時計台記念館を学生が“占拠” 職員とトラブル、機動隊出動し一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです