メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎・名物バー

「ガス燈」閉店 72歳店主45年の歴史

カクテルを作る宮崎さん=長崎市浜町のガス燈で2017年6月1日午前0時30分、今野悠貴撮影

 1972年から営業を続けてきた長崎市浜町の名物バー「ガス燈(とう)」が5月末で閉店した。店主でマスターの宮崎喜久男さん(72)は20代前半、高度経済成長に沸く東京でバーテンダーとしての腕を磨き、故郷の長崎に戻って店を開いた。自慢のスタンダードカクテルを求め、店は酔客であふれた。だが年々、夜の町のにぎわいは薄れ、耳が遠くなった老バーテンダーは45年の歴史に幕を下ろした。

 宮崎さんは長崎県大瀬戸町(現・西海市)出身。街頭テレビでくぎ付けになった力道山のプロレスを生で見た…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文918文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです