メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

福岡の支援団体 設立5年、思春期に力

 思春期の性的少数者(LGBT)への支援に力を入れてきた福岡市の市民団体「FRENS(フレンズ)」が、設立から5年を迎えた。自身がLGBTであることは高校生になるころまでに気付くケースが多いが、相談の場は限られ一人で悩む若者が少なくない。当事者同士の交流会や電話相談などで支えてきたフレンズの石崎杏理(あんり)代表(32)は、LGBTの子や若者がいつでも立ち寄れる場を作るという次の目標を掲げる。

 「僕は性同一性障害者です。悩んで悩んで親友にも打ち明けられませんでした」。「私は大学生です。ようや…

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1228文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  3. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. ありがたや、ノリ自販機登場 佐賀空港に全国初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです