退位特例法成立

新元号の選定作業 政府本格化へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
天皇陛下の退位を実現する特例法が可決、成立した参院本会議=国会内で2017年6月9日午前10時12分、川田雅浩撮影
天皇陛下の退位を実現する特例法が可決、成立した参院本会議=国会内で2017年6月9日午前10時12分、川田雅浩撮影

 政府は特例法成立を受け、新天皇即位に伴う新元号の選定作業を本格化させる。1989年に昭和から平成になった際の手続きを基本的に踏襲するが、公表時期は、国民生活に配慮して実施の半年程度前と想定。2019年元日の改元なら、18年夏前までの公表となりそうだ。

 79年に成立した元号法は「元号は、皇位の継承があった場合に限り改める」と規定する。平成の際の手続きは(1)政府が委嘱した学者が案を提出(2)官房長官が…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

あわせて読みたい

注目の特集