メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

退位特例法成立

新元号の選定作業 政府本格化へ

天皇陛下の退位を実現する特例法が可決、成立した参院本会議=国会内で2017年6月9日午前10時12分、川田雅浩撮影

 政府は特例法成立を受け、新天皇即位に伴う新元号の選定作業を本格化させる。1989年に昭和から平成になった際の手続きを基本的に踏襲するが、公表時期は、国民生活に配慮して実施の半年程度前と想定。2019年元日の改元なら、18年夏前までの公表となりそうだ。

 79年に成立した元号法は「元号は、皇位の継承があった場合に限り改める」と規定する。平成の際の手続きは(1)政府が委嘱した学者が案を提出(2)官房長官が…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです