メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書

管理法改正案 野党4党が衆院に提出

 民進、共産、自由、社民の野党4党は9日、国の行政機関の職員が職務上作成した個人メモなども行政文書として扱うことなどを盛り込んだ公文書管理法改正案を衆院に提出した。行政文書を「組織的に用いるもの」とする現行法の要件を削除して対象を拡大。電子データなどの保存期間の下限を「1年以上」とし、内閣府のチェックを受けなければ廃棄できないようにする。

     森友学園や加計学園を巡り文書の存否や廃棄が問題になっているために提出した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
    2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
    4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
    5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]