メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城被ばく

破裂前ふた浮く「前兆」 ガス充満し強い圧力

容器26年間、開封せず

 日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(茨城県大洗町)の被ばく事故は、同機構による作業員への聞き取りなどで、当時の詳しい状況が明らかになってきた。核燃料物質の保管状況の確認のため、最も被ばく量の多かった50代の男性作業員が核燃料物質入りのステンレス容器のふたのボルトを外す作業の途中、中のビニール袋が膨張し、ふたが浮き上がる「前兆」があったことが判明した。

 原子力機構や、機構から報告を受けた原子力規制委員会によると、ステンレス容器は直径15センチ、高さ2…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文814文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです