メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

末続が日本選手権に出場

 日本陸上競技連盟は9日、日本選手権(今月23~25日、大阪)のエントリー選手を発表した。2008年北京五輪陸上男子400メートルリレー銅メダルの末続慎吾(SEISA)が、男子200メートルで9年ぶりに日本選手権に出場することになった。男子100メートルは、日本勢初の9秒台を目指す桐生祥秀(東洋大)や山県亮太(セイコーホールディングス)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)らが名を連ねた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原市 樹齢100年のヒノキ2万6000本消える
    2. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
    3. 炭鉱遺産 求む!引き取り手…移転先、置き場なく 九州大
    4. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
    5. バニラ・エア 車椅子客、自力でタラップ上る…昇降機なく

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]