メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のひとりごと

悲しみ越え、支え手に /東京

 ハンカチで目元を押さえる人、鼻をすする音。5月下旬の週末、約60人の男女が集まった都内の施設には、こみ上げる感情を抑えようとする人々の姿があった。

 我が子を失う経験を経て、カウンセラーとして活動する女性らでつくる「WAKOMO会」(https://www.wakomo.jp)が開催した、流産や死産の経験を語り合う集いだ。自身の経験や再び歩み出すまでの日々を…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎
  2. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  3. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
  4. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
  5. 山口メンバー 無期限謹慎処分に 所属事務所が決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]