メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知っちゅう?

全国最大級、高知の日曜市 300年以上続く“土佐文化” にぎわい、尽力の軌跡 /高知

明治時代の日曜市の様子=高知市提供

 日本各地に「日曜市」はあれど、全国最大級とされるのが高知市の日曜市。毎週日曜日になると、高知城追手門から東に延びる約1・3キロの追手筋沿いには、新鮮な魚や野菜、果物ならば今なら小夏、田舎ずしなどの料理など、季節ごとの土佐の名物が並ぶ。年間約90万人が訪れる県を代表する観光スポットでもある日曜市だが、県民にも知られていないのが300年以上も続くその歴史だ。今も続く、土佐の生活市の軌跡を追った。【岩間理紀】

この記事は有料記事です。

残り1357文字(全文1561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  3. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  4. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです