メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「Uターンなさりたいなら…

[PR]

 「Uターンなさりたいなら、どうぞ。レディーは引き返しませんから」。鉄の女と呼ばれた英国のサッチャー元首相の名セリフだ。不況下で、猛批判を浴びながらも、厳しい経済政策を断固貫いた指導者だった▲前言を突然ひるがえし、解散・総選挙に打って出たのは、サッチャー氏以来の女性首相、メイ氏である。選挙で大勝し、欧州連合(EU)との離脱交渉を強力に進める作戦のはずが、想定外の結果となる▲社会保障で要となる公約を、派手に転換したのが高くついたようだ。高齢者に自己負担増を求める政策に「認知症税」のレッテルが貼られると、わずか数日で不名誉なUターンを見せた▲メイ首相が選んだスローガンが「強く、安定した指導者」だったのは何とも皮肉なことだ。10分程度の演説で12回も使ったと指摘する報道もあったほどだが、相次ぐUターンで「弱くブレる指導者」と嘲笑の的になった▲EU離脱でも、もとは反対派だったメイ氏である。「Uターン・クイーン」のあだ名もわかる気がするが、女王がいれば王もいるのが英国だ。1970年代、失業者の急増にたじろぎ、緊縮財政策からばらまきに転じたヒース元首相は、堂々たる「Uターン・キング」の名を残した▲「王」と「女王」は、ともに総選挙の賭けに敗れ、どの党も過半数の議席に達しない「宙づり国会」を招いてしまう。一方、「王」が英国の加盟を導いたEU(当時は欧州共同体)から、「女王」が離脱を主導しているのは、歴史のいたずらなのか。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

    2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

    3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

    4. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

    5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです