メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英総選挙

首相批判、EUに拡大 与党過半数割れ「交渉一層困難に」

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】英国総選挙で与党保守党が過半数割れとなり欧州連合(EU)との離脱交渉の先行きが不透明化している。保守党が10日、閣外協力の交渉を始めた北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)は「強硬な離脱」を嫌い、交渉に影響を与える可能性もある。求心力を失ったメイ首相への懸念はEU側にも広がっている。

 総選挙に踏み切ったメイ氏のもくろみは、圧勝して、野党だけでなく、保守党内で移民規制を強く求める離脱…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文798文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです