東芝

「支払い想定内」 WH原発債務、米電力に4129億円

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 経営再建中の東芝は9日(米国時間)、経営破綻した子会社の米原子炉メーカー、ウェスチングハウス(WH)による原発2基の建設事業を巡り、発注元の米サザン電力に36億8000万ドル(4129億円)を支払うことで合意した。東芝は「想定の範囲内」としており、ひとまず損失が膨らむリスクを回避した形だが、他の米電力会社とも同様の協議が残されており、予断を許さない状況が続く。【古屋敷尚子、ワシントン清水憲司】

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文725文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集