メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

引退見据える天才棋士(その2止) 信念が生む「型破り」

将棋サロンで参加者を相手に立ったまま将棋を指す加藤一二三九段(右)=横浜市金沢区で2017年6月4日、宮武祐希撮影

 

 ◆加藤一二三九段、棋士人生は続く

洗礼、悲願の名人位

 加藤一二三(ひふみ)九段(77)が現役最後の名人戦順位戦に臨んだのは、3月2日のことだった。

 相手はC級2組の上村亘四段(30)。既に順位戦からの陥落は決まっていたが、盤面に体を寄せ、全力で指す。優勢とみられたものの、上村四段の守りを崩し切れず、188手で敗退。記者たちに取り囲まれ、うつむき気味に語った。

 「これから順位戦が指せなくなるのはさすがにちょっと寂しいですけどね、心血注いで戦ってきた順位戦なの…

この記事は有料記事です。

残り4442文字(全文4674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです