メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 病で不安を抱える患者にとって、何より大切なのは信頼できる医師の存在だ。しかし両者のコミュニケーションはうまくいかない場合も多い。今、診察室では何が起こっているのか。

 ●患者の不満届かず

 昨今、「医療否定」の声がネットや出版物にあふれている。「背景には、医師に対する患者の不信や不満があるのではないか」。そう指摘するのは、神戸市在住の内科医で、医療問題についての著書も多い村田幸生さんだ。

 「医師と患者はうまくいっているとは言い難い。しかし医師には、その自覚がほとんどありません」。医師の…

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文2010文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる
  4. 猪木、ハンセン、ドリー…往年の名選手ら集結 G.馬場さん没後20年追善プロレス
  5. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです