メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『北海タイムス物語』 著者・増田俊也さん

増田俊也さん

 (新潮社・1836円)

働くことの意味とは何か 増田俊也(ますだ・としなり)さん

 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』『七帝柔道記』など骨太な作品で、読む者を圧倒してきた作家が次なるテーマに選んだのは、かつて北海道に存在したローカル紙である。

 「朝毎読」といった全国紙の就職試験に落ちた内地(本州)出身の若者が海峡を渡り、札幌に本社を構える「北海タイムス」に入社。初日から個性豊かな上司や先輩らにもまれ、日々成長していく青春群像小説だ。同時にそれは、何者でもなかった自分の伸びしろを信じて拾い上げ、鍛え上げてくれた名門新聞社へのリスペクトでもある。

 1986年、寝技中心の旧七帝大の柔道部に憧れて北大に2浪して入った著者は、猛稽古(げいこ)に明け暮…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 新型肺炎 武漢へのチャーター機派遣延期

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです