競泳

和歌山県選手権 800リレー、江原ら 来月の世界選手権

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 世界選手権(7月・ブダペスト)のフリーリレー最終代表選考を兼ねた競泳の和歌山県選手権が10日、和歌山市の秋葉山公園県民水泳場で行われた。4月の日本選手権で標準記録を突破していた候補選手を対象とし、男子200メートル自由形は江原騎士(ないと)=自衛隊=と松元克央(かつひろ)=セントラルスポーツ=が1分46秒75で同着1位。3位の萩野公介(ブリヂストン)と5位の天井翼(ミキハウス)を加えた4人が男子800メートルリレーの代表に決まった。

 女子200メートル自由形は青木智美(アリーナつきみ野SC)が1分58秒22で制し、2位の高野綾(イトマンSS)とともに女子800メートルリレーの代表となった。他の2人は既に代表に決まっていた池江璃花子(ルネサンス亀戸)と五十嵐千尋(日体大)。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文852文字)

あわせて読みたい

注目の特集