メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「共謀罪」私はこう思う

元北海道警釧路方面本部長・原田宏二氏

 ◆反対

監視社会、さらに加速 元北海道警釧路方面本部長・原田宏二氏(79)

 「監視社会がやってくる」として「共謀罪」法案を批判するのは、誤解があるのではないか。警察による市民監視の仕組みは、もう構築が進んでいる。

 警察は、治安維持のためには多少のむちゃは許されると考えがちだ。防犯カメラの設置やDNA型のデータベース化など、法的な根拠がはっきりしない個人情報の収集を、次々と捜査に取り入れてきた。全地球測位システム(GPS)捜査のように、最高裁判決で違法とでもされなければ、自らやめることはない。「共謀罪」も警察の新たな「武器」となるだろう。内容があい…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです