仏総選挙

大統領派、圧勝の勢い 外交など評価上昇

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【パリ賀有勇】フランス国民議会(下院、定数577)総選挙の第1回投票が11日に行われる。最終結果は決選投票に持ち越される見通しだが、5月に結成されたマクロン大統領派の中道新党「共和国前進」が、連携する中道政党「民主運動」と圧勝する勢いだ。

 マクロン氏は就任後、共和党(中道右派)出身のフィリップ下院議員を首相に、社会党(中道左派)のルドリアン前国防相を外相に起用するなど実績とバランスに配慮した内閣を発足させ、党派を超えた支持を呼びかけている。総選挙に向け社会党議員の合流も受け入れる一方、擁立候補者のほぼ半数を新人候補とし、新鮮さもアピールしている。

 政治経験不足を指摘されてきたマクロン氏だが、主要7カ国(G7)首脳会議など外交舞台も無難にこなし、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から離脱を表明したトランプ米大統領を厳しく批判して評価が上昇。共和国前進の支持率も押し上げる形だ。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文750文字)

あわせて読みたい

注目の特集